美濃和紙について

1300年の歴史を持つ日本三大和紙「美濃和紙」の魅力

 和紙は、パルプを元にして作る洋紙と違い、「楮(コウゾ)」「三椏(ミツマタ)」「雁皮(ガンピ)」という木の皮の繊維を材料にして作る紙のことを言います。

 美濃市では「美濃紙」という和紙を平安末期から鎌倉時代初期の約1300年前の「美濃の国」からつくられていたと伝えられています。

  良質の「楮」が多く取れ、工程上必要な水も清流長良川とその源流があり、漉きムラのない技術伝統が、上質の和紙を作りました。中世の時代には、京都の貴族や僧侶たちの手紙や記録の中に美濃の紙の名が度々登場するそうです。

  大化の改新のころには、戸籍用紙や写経など大事な記録に多く使用されました。現在の美濃市大矢田に紙市が成立し、商人の手で中央市場に運ばれ、美濃和紙はさらに発展しました。

  現在では、機械による紙製造に押されて、手漉きで紙漉きをされているのは、20数件になってしまいました。しかし伝統を残そうと、伝統保存、継承をしようと地元を上げて取り組んでいます。

>美濃和紙の特徴は日進堂書店へ

美濃和紙の特徴は日進堂書店へ

美濃手漉き和紙については創業明治四十三年を誇る日進堂にお尋ねくださいませ。 美濃和紙には様々な特徴、そして様々な顔がございます。 「こういった用途で美濃和紙を使いたい」そんなお言葉に日進堂は丁寧にお答えいたします。

CTR IMG